■お見積もり無料 ■相見積もり大歓迎 ■土・日・祝も営業中!!
トップページ 初めてのリフォーム 当社のリフォームここが違います! Q&A リフォーム辞典
リフォーム実例集 スタッフ紹介 会社案内 見積依頼・お問合せ リンク
不動産 VR 床下防空壕 頭金賃貸 お風呂貯水型耐震シェルター

いつも変わらぬご愛顧を頂き誠に有難うございます。 最近、テレビや新聞等でよく「悪質なリフォームトラブルに巻き込まれてしまった」というニュースを目にします。実は以前からこういった問題は私共のお客様の中でも出てきていました。特に最近増加傾向にある様で、今回「緊急特集」という形で配信させて頂く事にしました。  一口に「リフォームトラブル」と言っても、その種類は様々なのですが、一番多いのは訪問販売によるトラブルだと思います。もちろん訪問販売をしている業者が全て悪徳だとは言い切れないのですが、何度か私共のお客様からご相談を受けた事があります。 具体的にどういったご相談が多いか挙げてみますと、

1)値段が相場よりもかなり高かった
2)執拗に契約を迫られ、断れなかった
3)工事をしたけれども、納得いく仕上がりにならなかった
4)工事後に手直しを依頼したけれども、相手にしてもらえなかった
5)工事する前に契約金(着手金)を払ってしまい、その後キャンセルしたが返してもらえなかった
等があります。

より詳しい具体例を挙げますと、以前こういうご相談を受けました。

  ある日突然「外壁の無料点検を行っているからどうですか?」と業者が 尋ねてきて、その時家にはおばあちゃんしか居なかったので、無料であれば、という事でお願いしてみると、 「今、新しい外壁材が出来たので、モニターを募集している。相場よりも格安で出来るので見積もりさせてくれ。」と言われたそうです。ちょうど外壁や内装(水廻りなど)が気になり直そうと思っていたので、お願いしてみると、2200万円の見積もりを持ってきて、「モニターだから2000万円にしますよ。」と言われ、安くなるならと、つい契約してしまったそうです。すると、その日すぐに500万円の振込みを要求され、振り込んでしまったそうです。 ちなみに見積もりの内容は2000万円もする大きな工事なのに、たったの5〜6行程度で、「浴室改装工事1式300万円」などと書かれていただけでした。その後不安になり、たまたまその時開催していた当社の展示会に来られてご相談を受け、お見積をしたら1500万円程度でした。
その日が契約された日から数えてぎりぎりクーリングオフ (自宅などで契約した場合、8日間以内であれば無条件で解約出来る制度の事。詳しくは北九州市立消費者生活センターのHPをご参照下さい。)できる8日目だった為、クーリングオフのハガキを送ってもらい、何とか500万円取り戻す事ができました。

また、別のお宅ですが、やはりおばあちゃん1人でお留守番されてた時に、「基礎の風穴を虫等が入らない様にふさぐ金アミを取り付けるから」という事で 半ば強引に契約させられ、5万円も取られた、という事もありました。 その時は、そのお宅の息子さんが電話して、5万円取り戻せたそうです。

ご夫婦お二人でお住まいのお客様が、地元では割と有名なリフォーム会社と契約して、 その後何の音沙汰も無かった為、どうなったのかと問い合わせてみると、日にちを遅らされるばかりで、一向に工事に来なかった そうです。200万円程度の工事だったのですが、10万円を契約金という事で先に支払ってしまってい たので、解約したい事を伝えると「もうクーリングオフできる期間は過ぎてるので、その10万円はお返し出来ません。」と言われたそうです。その後、そのお客様は消費者センターにも行かれたのですが、やはり日にちが経ってしまっていたので対応できず、結局その10万円は諦めてしまわれたそうです。ちなみに、その後当社の方でお見積もり差し上げたら、150万円程度の工事でした。


実際の具体例をいくつか挙げてみましたが、やはりキーワードとして、「訪問販売」である事、 「無料点検」「モニター」、そして「お年寄りを狙って来て、半ば強引に契約する事」「着手金等をすぐに欲しがる事」などがあると思います。それから、「見積もり、図面などがか なりいい加減」という事も挙げられると思います。これらは、テレビ・新聞などでも大きく取り上 げられている事だと思います。
実際、ごく一部の業者だけだとは思うのですが、リフォーム業界全体がこれだけ騒がれてイメージダウンしてしまうと、生業としてまじめにやっている私共としては、本当に身を切られる思いで、やり切れない気持ちになってしまいます。
そこで、私なりに経験を踏まえ、いくつか対応策を考えてみました。
  まず、訪問販売業者が来た場合、「今そんな予定無いので・・・」と断る方が多いと思いますが、それに付け加えて、「いつも頼んでる工務店がある」とか、「息子が大工をやっている」とか、「家族が建設会社に勤めている」といった、「身近に建設業関係者が居る」という事を言うと、割とあっさりと帰るようです。これは、実際にお客様からお聞きしたのですが、かなり効果があるみたいです。まあ、よくよく考えてみればこれは至極当然で、値段を高く設定してある訪問販売業者にとっては、「相見積もりを取られる」という事が一番やっかいだからです。(これは実際に自分の親にも教えました。効果抜群だったそうです。)
そして、実際に話をするとき、契約をする前に、以下の事をチェックしてみて下さい。

1、お見積もりは詳しく書かれていますか?また、詳しく説明を受けましたか?

この「商品がいくら」で、それを「取り付ける(取り付ける場合に必要な工事も)工事代金がいくら」という所がはっきり書かれているか確認してください。「お風呂工事一式150万円」や「台所工事一式200万円」と書いてあるだけではダメです。
●どこのメーカーのどの製品(お風呂やキッチンなど)を付けるのか(定価はいくらか)、
●それを取り付ける(取り替える)為にどんな工事が必要で、それを種類毎に詳しく書いてあるか
●その説明をしっかりとしてくれたか
をチェックしてみて下さい。

2、図面等はありますか?

特に、多少でも間取りの変更をする時には、最低限平面図での打ち合わせが必要です。前述の2000万円の工事では、図面すら正確に出ていませんでした。

3、アフターメンテナンスはしっかりと対応してくれますか?

これも、はっきりと聞いた方がいいと思います。ただ、「大丈夫ですよ」という言葉だけでなく、具体的にどういった事をやっているのか?まで尋ねた方がいいと思います。

4、支払条件はどうなっていますか?

これも、大切な事だと思います。工事を着手するのがまだ先なのに、契約してすぐに、何百万円も振り込め、というのは、通常ではあまり考えられない事だと思います。ちなみに当社では、ご契約の時に数万円(契約金)工事を着手する時に半金(着工金)、工事完成後に半金(残金)という形をとっています。また、ローンを組む場合も多いと思うのですが、例え信販会社のローンの申し込み用紙を書いてしまったとしても、クーリングオフは適用されます。ローンを組んだからといって、決して諦める事は無いのです。

5、着工の時期は?

契約の時点で、はっきりとした日にちまで分からないにしても、大体の日程は要望をしっかり伝えて、教えてもらう様にするとよいです。もちろん、大体どれくらいの工期が掛かるという事も聞く事が重要です。

6、相見積もりを取ってもいいか?

これは先ほども書きましたが、「取ってもいいですか?」と聞くよりは、「取りますね」と言って、実際に取られる事を強くお勧めします。10社も20社も取られる必要は無いと思いますが、やはりある程度大きな工事になりますと、大切なお宅の事ですから、2,3社は取られた方がよいと思います。そのうえで、各社の対応を見て、比較検討していると、本当に様々でよく分かると思います。これはとても大事な事なのです。実際当社にご依頼されるお客様にも、「相見積もりは、どうぞ取って下さい」という事を言っております。



以上の点を踏まえれば、リフォームトラブルに巻き込まれる事はかなり少なくなると思うのですが、実際に巻き込まれてしまった場合や、身近な方がすでに巻き込まれてしまった時には、お近くの消費者生活センターにご相談される事をお勧め致します。

「北九州市立消費者生活センター」のページへ
●相談窓口は、市内5箇所あります。くわしくはリンク先をご覧下さい。

また、出来るだけ早く回りの人に相談する、という事も大切です。日にちが経ってしまうと、前述の例にもあった様に、取り返しが付かなくなってしまう場合もあります。  一業者として、出来る事は少ないかもしれませんが、このページが少しでもトラブルを防ぐきっかけになれば、と考えております。

株式会社 モーベリーホーム  代表取締役 田代 豪

Copyright © 2011 moberlyhome All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章・画像・イラスト等あらゆる内容の無許可転載・転用・データの模倣・画像の加工は固く禁止いたします。
(株)モーベリーホーム  住所:福岡県北九州市小倉南区志井1-8-7  フリーダイヤル:0120-704-830  TEL:093-964-8333