■お見積もり無料 ■相見積もり大歓迎 ■土・日・祝も営業中!!
トップページ 初めてのリフォーム 当社のリフォームここが違います! Q&A リフォーム辞典
リフォーム実例集 スタッフ紹介 会社案内 見積依頼・お問合せ リンク
不動産 VR 床下防空壕 頭金賃貸

近年リフォームが盛んに行われている中で、システムキッチンにお取り換えされるお客様が非常に増えて来ました。 システムキッチンとは、調理器・加熱器・水栓カラン(蛇口)などが一体となったキッチンの事です。 そんな中、お客様によくご相談を受けるのが、「どの商品が一番オススメなの?」という事です。 確かに、多くのメーカーさんが多種多様なキッチンを販売し、どれを選んだらよいのか分からない、 というのがお客様の正直なお気持ちだと思います。 私共も、ある程度オススメの商品というのはあるのですが、今回はご相談の中でよく出てくる お悩みに対してお答えしようと思います。

1.収納が足りない・片付かない

まず、最も多いと言ってよいのが、「収納が足りない」 「片付かない」といった悩みです。これは「引き出し式」のキッチンを選ばれる事によってほと んど解決できると思います。事実、当社でキッチンを施工されるお客様の約8割がこのタイプを選ばれています。実際にショールーム等でご覧になられると分かるのですが、従来の開き戸式の扉に比べ て収納力が大幅にアップします。本当に、想像以上ですよ!

2.目地や細かい隙間の掃除が面倒

次に、「掃除がしやすいのがいい」というご相談も多いです。 「掃除がし易い」=「汚れにくい」という事なのかもしれませんが、システムキッチン自体、 流し台と違って天板に継ぎ目がないので、さっと拭けて掃除は楽です。また、壁面も従来はタイルなどで仕上げていましたが、それだと目地の汚れが目立つうえ、掃除もしにくいので、現在は目地が無く、 表面がつるっとしていて、油汚れなども簡単に拭き取れるキッチンパネルを使用する事で、さらにお手入れ を簡単にすることができます。

3.ずっと立って使っていると腰が痛くなる

そして意外に多いのが「今のキッチンは低くて(あるいは高くて)腰が痛くなる」 という悩みです。毎日お使いになられるものですし、そう簡単に取り替えるものでもないですから、 ご自分の身長に合ったものを選ぶ事はとても重要です。これは「高さ調整が可能なキッチン」をお選びになる事 で解決できると思います。(イラスト:キッチンの高さの目安を参考にして下さい)また、最近では座って使えるキッチンも出てきているので、ショールーム等で体験してみるのも良いでしょう。



キッチンリフォームの工程

1.解体工事
まず、既存の流しと設備を撤去します。

2.給排水・電気工事
取り付けるキッチンに合わせて給排水と配線の工事をします。

3.大工工事
その後大工さんが設備壁の復旧工事をします。

4.組立工事
いよいよキッチンの組立です。

5.内装工事
最後に内装を仕上げます(必ず必要というわけではありません)。

6.完成
これで新しいキッチンの完成です!

今回は本当に代表的な ものばかりを上げましたが、私共はお客様のお好みや使い方、ご予算などに合わせて、じっくりご相談を 伺い、それぞれのお客様に合ったものを一緒に選び、末永く毎日を快適にお使いいただけるものをご提案 できればなぁ、と思っております。

Copyright © 2011 moberlyhome All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている文章・画像・イラスト等あらゆる内容の無許可転載・転用・データの模倣・画像の加工は固く禁止いたします。
(株)モーベリーホーム  住所:福岡県北九州市小倉南区志井1-8-7  フリーダイヤル:0120-704-830  TEL:093-964-8333